コンデジとスマホカメラの比較 |コンパクトデジタルカメラ RX100M5aを買った理由

SONYのRX100MⅤaを買いました。
スマホのカメラ性能が上がってきているのに、コンデジを購入した理由を書いていきます。

コンデジの優位点

RX100がスマホカメラに対して優位な点を考えてみると

  • センサーサイズが大きい
  • レンズ性能が高い
  • 光学ズームができる
  • 高性能な画像処理エンジンが搭載されている
  • 絞りを調整できる
  • RAWファイルで保存できる
  • タイムラプスなどの撮影機能が沢山

などがあります。

センサーサイズ

RX100は1インチのセンサーを搭載しています。
多くのスマホでは1/3サイズのセンサーを搭載しています。

受光素子が大きいので暗所撮影に強く、ボケも出せます。
同じ解像度で撮影しても得られる情報量の違いで、鮮やかさやシャープさなどに違いが出てきます。
センサーサイズが大きいほど階調が豊かで、ノイズも入りにくいです。

レンズ

RX100は、ZEISSバリオ・ゾナーT*レンズを搭載しています。
2.9倍の光学ズームができ、歪みが少なく、コーティングもしっかりしています。
光学ズームで画角やボケが調整できます。

画像処理

画像処理能力が高いと、高画質化にも効果があります。
スマホではOSやアプリに依存する部分があります。
OSのアップデートの際には、各スマホメーカーが調整などをしなくてはなりません。

RAWファイル

JPEGなどに加工される前の生のファイルで保存できます。
スマホのアプリでRAWフォーマットで保存できるものもありますが、その機種専用にチューニングされていません。

RAWはオーバー8bitの情報を持ち、撮影後に少ない劣化で多くの画像調整ができます。
PhotoshopやLightloomを使い、コントラスト、シャープネス、カラーバランスなどを調整できます。

DSC-RX100M6より明るいレンズ

RX100M6よりレンズが明るくて、内臓NDフィルターがついています。
センサーサイズが小さいですがボケも出しやすいです。
価格のバランスも考えてM6ではなく、M5Aを選びました。

Mate 20 Proとの比較

私はこの動画をみて購入を決めましたが、皆さんはどう感じますでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です