Adobe Premiere Pro CC vs DaVinci Resolve | 動画編集ソフトの比較

Premiere ProとDaVinci Resolveのどちらが良いのか使って見た感想を書いていきます。

GPU・CPU

Premiere Pro

Premiere ProはCPUに大きく依存しています。
GPUが2GBのMac Book Pro 15インチで十分編集が可能です。

DaVinci Resolve

DaVinci Resolveを使うには強力なビデオカードが必要です。
最新のMac Book Pro 15インチでもスペック不足です。(2019年現在)
ノートパソコンで使用するには外付でビデオカードが必要だと思います。

デスクトップPCで複数のビデオカードを使用すれば、CPUとGPUで処理が分散されるのでPremiereより効率が良いかもしれません。

使いやすさ・機能

コレクション・グレーディング

使いやすさと機能を考えた場合、多くの人にとっては
Premiereは編集しやすく、DaVinciはカラーグレーディングしやすいソフトだと思います。
徐々にその幅は狭まって来ると思いますが、DaVinciの方が高いコレクションとグレーディング機能が備わっています。
ノードが使用できて、Premireでは出来ない複雑な処理が可能です。

他Adobe製品との連携

PremireはAfter Effectsなどの連携がしやすいのが利点です。

DaVinciにはFusionという機能が備わっていて、ノードを使ってAfter Effectsのような編集も可能です。

価格

Premire Pro CCを使うには毎月約2000円以上払わなければなりません。

DaVinci Resolveは無料版もありますが、10bit動画を編集するには有料版を使う必要があります。
複数のビデオカードを使用するのにも有料版が必要です。
しかし、1度購入すれば最新バージョンにアップグレードも可能です。

リファレンス

リファレンスはPremireの方が豊富です。
Youtubeで大量のチュートリアルを見ることが出来ます。

謎のノイズ

DaVinciでレンダリングするとたまにノイズが乗ることがあります。
もしかしたら何か設定が悪いのかもしれませんが、たまにチラッとノイズが走ることがあります。

どっちが良いのか

グレーディングをDaVinciで、編集をPremiereで使っているプロが多いと思います。

UIとしてはPremireの方が好みで、編集もしやすいです。
カラーグレーディング機能はDavinciほどではありませんが、十分高いクオリティの処理が可能です。
まあ、写真(動画)は弄れば弄るほど画質は落ちますし…

Rawで撮影して複雑なグレーディング処理をしないなら、Premireで良いのではないかと思います。
少なくとも10bitLogを使用しなければ、DaVinciを使う理由はあまりありません。
逆にRawを使うほどの人だったらDaVinciが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です