Noctua NH-C14S vs NH-L9x65 CPUクーラー 温度とベンチマーク比較

Noctua NH-C14SNH-L9x65 の比較検証をしてみました。

NH-L9x65の高さは 115㎜、 NH-L9x65 の高さは65㎜です。
NH-L9x65はITXケースのNCase M1に取り付けられますが、Louqe Ghost S1やSidearmd T1により付けられません。

CPUは12コアの3900x、マザーボードは X570 Phantom Gaming-ITX/TB3 を使用しました。

ケースには入れないでテスト。
使用しているマザーボードがX570 Phantom Gaming-ITX/TB3なので、付けられるCPUクーラーに制限があります。
90㎜と140㎜ファンの違い

温度

室内温度は分かりませんが、1月なので寒いです。
ヒートシンクとファンの大きさにより、温度には差が出ました。

アイドル時

NH-C14S
最小 23℃ 最大 43℃
NH-L9x65
最小 29℃ 最大 56℃

100%稼働時

NH-C14S
最大 69℃
NH-L9x65
最大 91℃

ベンチマーク

温度によってCPUベンチマークテストに差が出るのでしょうか?

Cinebench

NH-C14S
7246
NH-L9x65
1回目 6991
2回目 7065

約1%の差が出ました。

x264_FHD_Benchmark

NH-C14S
69.9
encoding duration: 35
NH-L9x65
1回目 68.8
encoding duration: 36
2回目 70.3
encoding duration: 36

実際にDavinci Resolveで書き出し

NH-C14S
2分11.80秒
NH-L9x65
2分11.78秒

でした。
僅かですが性能に差が出ることが分かりました。
この差ではどちらを使うか悩みどころです…
OCすればもっと差が大きくなると思いますが、定格ではほぼ差がないのでSidearmd T1を使うために、 NH-L9x65を選ぶと思います。

グリスを変えてテスト

熱伝導率 : 16W/m・Kで名のダイヤモンドが含まれている、アイネックス ナノダイヤモンドグリス JP-DX1と NH-L9x65で試してみました。

結果は最低28℃ 最高89℃でした。
最低温度が1℃下がり、最高温度は2℃下がりました。
若干ですが効果があるようです。

追記

NH-L9x65では105wの3900xを冷やしきれず、何度かフリーズしてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です