DJI Mavic Air vs Pro vs 2 Pro vs Zoom の比較 | ドローンはどれがいいのか

DJIから様々なドローンが発売されていますが、どれがいいのか要点を絞ってみていきます。

画質の比較

画質は最も重要な要素のひとつです。
結論から言うと画質は
Pro and Air zoom < 2 Pro
です。

Mavic Pro と Airの画質

ProとAirの画質はあまり変わりません。
Proはシャープがかかり過ぎていたり、Airのノイズが目立つこともありますします。
ProはDLogが使えるのですが8bit H.264 60Mbpsなので、Logを使うには十分ではありません。
D-cinelikeの方が良い結果が出ることが多いです。

Mavic Air と Zoom

センサーサイズは同じ1/2.3インチCMOSです。
2シリーズでは100Mbps H.265コーデックが使えて、ディテールと鮮やかさが向上しています。
最大ISOはzoomの方が高いのですが、センサーサイズが小さいので100より大きくするとノイズが乗ることが多いです。

Mavic 2 Pro とその他

2 Proは1インチのHasselblad製カメラを搭載しています。
2 Proとそれ以外で画質は異なり、よりシネマティックな映像が撮れます。
特に暗い時の撮影では差が出まし、絞りを調整することも可能です。。

2 Proでは10bitのDLog-Mが使えます。
8bitは1600万色、10bitは10億色です。
1度にモニターで表示できる色には限界がありますが、グレーディングしても色の破綻が起きにくいです。
Zoomでは10bitやDLogで撮影できません。

Mavic 2 Proの問題

DJIが買収したHasselblad社のカメラとは言うものの、ソニー製センサーに味付けしただけです。
それにクロップされるし正確に1チンチセンサーのカメラとは言えません。
歪みがあり、解像度やダイナミックレンジはPhantom 4 Proに大きく劣ります。
画質も価格ほどAirやZoomと変わりません。

最大飛行時間・バッテリーライフ

Airでは21分と短いです。
実際に使うと10数分しか使用できません。
10分違うと行ける距離や使い勝手に差が出てきます。

 最大飛行時間
Pro27分
Air21分
2 Prp31分
Zoom31分

重さ・大きさ

Airの体積はProの半分近いです。
重さも430gで2 Proより470gほど軽いです。
その分風に流されやすく、それでロストする可能性もあります。

障害物検知

2シリーズが最も優れています。
Airには左右のセンサーがありませんが、2シリーズには左右、前後、上下のセンサーが付いています。
電波干渉にも強くなっています。

音はAirがいちばんうるさいです。
2 ProはProよりモーターやプロペラが改良されたので、より静かになっています。

オススメは?

私は2 PROを使用しています。

2シリーズがオススメですが、風のない所で気軽に撮影したいならコンパクトなAirでもいいと思います。
今割引セール中で今年中にAir 2が出るのかなとも思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です