スペースグレイのMagic KeyboardとMagic Mouseレビュー

Magic Keyboard テンキー付 US配列 [MRMH2LL/A] と Magic Mouse 2 スペースグレイ [MRME2J/A] を購入し、しばらく使ってみたので感想を書いてみます。

バッテリー内蔵のBluetooth®(ブルートゥース)接続です。
Lightningポートで充電可能なバッテリーを内蔵しています。
1回の充電で1ヶ月くらいは持ちます。

Magic Keyboard

厚さ

厚さは0.41〜1.09 cmで、非常に薄いです。
そのため肩が上がらず、パームレストがなくても快適に使用できます。

重さ

重さは約0.39 kgなので軽いです。
剛性が弱いため、上から強く押すと歪みます。
普通に使用する分には問題なさそうです。

軽量ですが、テンキー付きなので持ち運び用途には難しそうです。
スペースグレイモデルは、テンキー付きしか発売されていません。

打鍵感

打鍵感は思ったより良かったです。
シザー式なので、バタフライキーボードよりキーストロークが深いです。
思ったより深くはなく、反発もしっかりしていてスカスカしていないので、バタフライキーボードと同じような感覚で打てます。

Macとの相性

当たり前ですがMacとの相性が良くて使いやすいです。
Lightningポートで接続すればペアリングが完了し、バッテリー残量もMacで確認できます。
音量や明るさ調整、ランチャーの起動などもキーボードで行なえます。

Magic Mouse 2

質感

0.099 kgで適度な重さがあります。
重さがあるので、意図しないカーソル移動などが起こりにくいです。
クリック感も重いです。

グレーに塗装されたアルミニウムは高級感があります。
表面の樹脂はツルツルしていて、触り心地が良いです。

反応

感度は非常によくて、ラグや不具合は今のところありません。
同じBluetooth®接続でもロジクール のG603では、マウスが飛んだりラグがあったりしました。

滑りが悪い

ソールが硬い素材なので滑りにくいです。
金属性のマウスパッドや、木目の荒いデスクの上で使用するとガリガリしてしまいます。
ソールもすり減って、さらに滑りが悪くなります。

私のデスクで使うとガリガリしてしまうので、マウスパッドが必須です。
気軽に何処へでも持ち運んで使えるものではないです。
なので、Magic Trackpad 2でも良かったかなと思います。

ジェスチャ

6つのジェスチャが使えます。
スクロールを細かく調整出来るので、快適に感じます。

複数ボタンの代わりにジェスチャで行えるのがシンプルで好きです。
このシンプルさに所有している満足感を感じます。

まとめ

Apple製品は使い心地が良いと感じます。
ワイヤレスなので、デスクもスッキリしました。
スペックが高い訳ではないのですが、なぜか使っていたくなります。

シンプルで高級感があり、所有欲も満たされます。
同じスペースグレイで揃えたくなってしまいます。
Appleの思うツボですね(笑)

それでも、仕事への意欲が上がるなら良いかなと思います。
今のところは気に入っているので、仕事のパートナーとしてしようしていこうと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です