Ronin S をラクマで出品中

いいレンズってなんだろう

いいレンズとは

DXOスコアなどではキッチリと解像するレンズやセンサーの評価が高いです。
ソニーのGMはコーティングも良くて、発色や解像度が高いので評価が高いです。
ソニーはカタログスペックが高いカメラやレンズを作るのが上手なイメージです。

私は中央部分の解像度が高く、ボケが柔らかくて、コントラストがしっかりしているレンズが好きです。
今まで試した中ではLumix S PRO 50mmが最も好みです。

最近買ったNikkor Z 50も周辺まで解像して綺麗です。
解放から解像するのがトレンドなのですね。
しかし、ちょっとカリカリしていて、ボケも硬いかな。
5万円程で買えたのでコスパは悪くないです。

オールドレンズも味がある

オールドレンズでしか作品を作らない人もいます。
コーティングに差があってフレアの出方が1つ1つのレンズで違います。
個体差の味が出ます。

映像作成でもフレアを出したい時にはオールドレンズを使ったります。
MTF曲線は指標のひとつでしかありません。

ふわっと表現したい時もある

ふわっとした表現をしたい時は、解像度やコントラストが甘いレンズの方が良かったりします。
解像度が高いレンズは毛穴やうぶ毛まで写してしまい、場合によってはレタッチが大変になるだけです。

風景を撮る時に解像感が甘いとがっかりしますが。

明るさ

解放f値が小さいレンズほど大きくて重いです。
f1.2のレンズがf1.8のレンズよりも綺麗と言うわけではありません。
なのでこれは適材適所だと思います。

ボケ

前ボケ、後ボケとそのバランスが大切です。
シグマArtはバランスが取れています。
Z50は前ボケが硬いかな。

玉ボケで年輪が出るか出ないか、レンズ周辺でレモン型になるかもポイントです。
キャノンのレンズは中央部分でもレモン型になるので、あまり好きではありません。

絞り羽根

この枚数によって光芒が変わります。

大きさやデザイン

これは好みですね。
用途によっても異なると思います。

持っていませんが、富士フィルムのAPS-CのXシリーズはコンパクトです。
センサー性能が上がって来た時には、メインにしても良さそうです。

ソニーのAPS-Cレンズは性能が低いです…

コーティング

コーティングはレンズ性能にとって大きな要因です。
逆光耐性も変わりますが、基本的には光の透過率が変わります。
コーティングが良いほど光の反射率が低いです。
反射率が少なければ、解像度が上がりますし、にじみなども少ないです。

ニコン最新のアルネオコートはゴーストやフレアを低減するようです。
各社いろいろ研究していますね。

MarumiのExus保護フィルターでもゴーストなどは増えます。
NikonのArcrestでは0.1%の反射に近いので、ゴーストは起こりにくいです。

AF性能・フォーカスブリージング

AF性能もレンズによって異なるので大事ですね。
AF時に音がしなくて、フォーカスブリージングが抑えられていると動画に使いやすいです。
Lumix Sレンズはこの性能が高いです。

まとめ

いろいろな要素が思い付きました。
一概にこれがいいレンズというわけではなくて、予算と用途に合わせて選べば良さそうです。

個人的にはSigma ArtやLumix Proレンズが好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です