かつてFXに夢を見た私が、FXをやめるまで

先物、株やFXで億り人になりたい。
そんな夢をみたことがありました。

FXを初めてから、やらないと決断するまでを書いていきます。
もし、あの時の私のように夢を見ている人の役に立てば幸いです。

FXを始めたきっかけ

大学生の時、2ちゃんねるで「FXで毎日100万円稼いでいる」と言うようなスレを見ました。
甘い夢を見ました。
パンローリング発行書籍などを読み漁り、数万円を入金しトレードを始めました。

負けが込んでいきましたが、いつかは稼げると信じて疑いませんでした。

損失は増えていき、数十万の借金を負うことに

クレジットカードで入金していたので、カードローンとして数十万円の借金を負いました。
いつかは億を稼ぐから、そのくらいは大したことではないと思っていました。
感覚が麻痺していました。

数千万円を失った人の話を聞くと、お金のない時に負けて良かったと思います。

その後大学を辞めて、期間工として働いて返しました。
半年間の期間工時代は、iPhoneアプリを作成したり、FXの勉強をして過ごしました。

作ったアプリは「FX Calculator」です。
9つくらいの計算式があり、リスクや利益率などを計算するものでした。
利益は月に数十円(笑)
失望したので、それ以来アプリを作っていません。

ついに負けなくなる

勉強をした甲斐がありました。
ついに資金を減らすことはなくなりました。
月のトータルでは負けなくなりました。

レバレッジやエントリー回数を減らし、戦略的に行動できるようになったからです。
始めてから、1年ほど経った頃でした。

勝つためには
・エントリーと損切り、利益確定のタイミングを決める
・最大ドローダウンを2%以下にする
・エントリー回数を制限する
・心に余裕を持つ
ことが必要だと分かりました。

同時にFXのリスク、難しさやデメリットを知りました。
見ていた夢が、不可能に近いことも知りました。
夢から覚めていきました。

辞める

FXを辞めました。
低いリスクでお金を稼ぐには、資金が少なかったです。

精神的にも疲れ、もっと生産的なことをしたいと思いはじめていました。
お金も時間も他のことに投資しようと決めました。

次回はFXを辞めた理由と、リスクについて書ていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です