Android OSを7年使っていた私が、iOS iPhone XSを使って思ったこと

XSの完成度が高そうだったので、4S以来買ってなかったiPhoneを買ってみました。
期待していたPixel 3 XLの値段が高く、バグが複数報告されていたのも購入した理由の1つです。

良いところ

完成度か高い

ハードウェアとソフトウェアのデザインが洗練されていて、完成度が高いと感じました。
わかりやすくて使いやすいです。バグが出てもエンジニアが直ぐに修正します。
使っていませんが、アップルケアなどのアフターサービスもしっかりしているので、多くのユーザーにとっては満足度と信頼性が高いと思います。

中華メーカーは不具合が出ても仕様と言い切ってしまう時もあります。

セキュリティがしっかりしている

個人情報に関するセキュリティがしっかりしています。
iCloudはGoogleのサーバーを使っているようですが、Googleサービスよりプライバシー情報に関する取扱いが厳重だと思います。
他のメーカーと差別化を図っている部分でしょう。

ビデオでステレオ録音できる

ステレオで録音できて、Pixel 3などより録音したビデオの音質がいいと感じます。
スピーカーもステレオなのですが、シャッター音がその分大きくなりました。
さりげなく写真を撮るのが難しいです。

悪いところ

Appleサービスで囲われている

iTunesやiCloud、Map、HomeなどAppleのサービスに囲われているので、少し息苦しい気がします。
完成度が高いアプリが多いのですが、管理されている感じがします。
ホームもカスタマイズ出来ませんし、Appleのデザインを使うことが多いです。

それでもバグがある

完成度が高くてもバグがありました。
OSの問題ではなく、アプリ間での干渉やバグもありました。

ライトニングケーブル

usb3.0の方が便利です。

充電すると電源が付く

OSで充電を管理しているようです。
バッテリーに対しては優しいです。

良くも悪くも市販車的

大企業が多くの人に使われる為に作っています。
コストが極限まで削減されていて、値段が高く、どんな人にでも使えるデザインです。
島野製作所などの下請けに訴えられるほど、コストを切り詰めています。

これからも自社パーツを増やしたり、下請けに競争させて安く作らせたりしていくでしょう。

バイクのイメージでいうと、レース車というより市販車のイメージです。
レース車は社外の高性能部品を搭載していて、性能を出す為に消耗も早いです。
市販車は自社でテストを重ねて作られた部品を搭載していて、製造コストや耐久性、完成度が高いです。

良くも悪くも全てにおいて無難な感じがします。
不満があった訳ではないのですが、iPhoneを手放してZX3を購入しました。

macOSほどiOSを気に入らなかったというのが正直なところです。
PCに詳しくない人にも使えるようにする必要があるから難しいのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です