脱Adobe | LightroomからCapture One 12へ

Capture One 12

Lumix S1で撮影した.raw2ファイルをLightroom Classcで読み込むと、画質が低下してしてしまいました。
書き出しても、設定を変えても改善しませんでした。

なので、Capture One 12を購入しました。
37000円は高い!
カタログ機能もあるし、テザー撮影にも便利なので導入した価値はあるはず…

UIデザインも良くて、カスタマイズが可能です。
Photoshopより優れたマスクや色彩調整もあります。

Luminar 3はあまり好みではなかったかな。
パナソニック純正ソフトは使い物にならないし。

Capture Oneをまだ深く使っていませんが、結構気に入っています。

特に不満はないけど、日本語のリファレンスは少ないかな。
こんな記事↓もありますが、現像して書き出した時の色味も少し改善するかもしれません。
http://ichirophoto.org/capture-one%E3%81%AE%E7%8F%BE%E5%83%8F%E3%81%AF%E3%82%A4%E3%82%A4%E3%81%AE%E3%81%8B%EF%BC%9F/
ニコンでも純正ソフトのNX-Dで書き出した方が綺麗だったので。

Affinity Photo

他のAbobe製品代替ソフトのAffinity PhotoAffinity designerも導入してみました。
PSDでの読込と書出が可能です。
Affinity designerではPDFの編集やベクター素材の作成ができます。

Photoshop等の代わりになるのかじっくり使って試してみます。

DaVinci Resolve

After EffectとPremere Proの代わりとして、DaVinci Resolveを導入しました。
前から使っているのですが、カラーグレーディングだけでなく編集ソフトとして使って見ようと勉強中です。

これが1番問題。
高機能のAfter EffectとPremere Proに慣れているので、DaVinci Resolveが代わりになるかわかりません。
苦戦中…

脱Adobe

惰性で毎月Adobe税を払っていたのですが、これを機会に1度Adobeから離れてみます。
月5000円でも仕事で使うなら大したことないと思っていました。
しかし、何十年も使うと結構な金額になります。
今はチームで仕事をしていませんし、Adobeに拘る必要がありません。

解約しましたが、必要であればまた契約します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です